スーパーいわちゃんねる!

思考ジャンキーのどうでもいい書き溜め。考えてる時に脳がビリビリする感じがやめられない。正解も間違いもない、ただ考えただけ。

パターン入りました

 ジョブチェンジして3ヶ月ちょい。

 四半世紀ほどしか生きていないが、その間の経験が何とか活かせている。

 特に最近痛感することをまとめた。

 

感情優先で仕事をする奴は、どこかで損をする

 このことを知っていたから、(自分から見たら今までより)比較的クールに業務ができている。

 感情を優先する人間は理屈が通じない。ルール無視の(物理・精神の両面における)大乱闘は日常茶飯事。真面目に相手したらこっちが疲弊する。近づかなければいけない場合は、先方の攻撃が被弾しない距離を保つのがベターだ。

 

ゆとりの常識は昭和世代、特に現在管理職のポストにいる世代には通用しない

 本当に、ビックリするくらい通じない。彼らは私たちを「ゆとり世代」と卑下するが、そもそも私たちがゆとり教育を受ける羽目になったのは彼らの選択の末にある。ということがわかっていない。

 世界基準で見ると彼らが遅れている価値観であることは明白だが、ここは日本。「郷に入れば郷に従え」ということわざもある。私たちが彼らに合わせてあげる、くらいの認識でちょうどよい。

 

本社の人間と仲良くしておくと後々役立つことがある

 これはいざという時の抑止力になる。例えるなら「日本に米軍基地があるから他国が日本に軍事攻撃してこない」みたいな。

 昭和世代は「“上”に逆らってはいけない」という教育を受けている。勤務先が地方なら本社の人間、本社勤務なら人事担当や役付きの人間と仲良くすればよい。そしてそのことを定期的に就業先で話題にする。「本社の〇〇さんとこの前電話して〜」くらいで十分。すると周囲へ「こいつに下手をすると“上”にチクられるかもしれない」という印象操作ができる。

 決して乱用できるものではないし、無効になる場合もあるが備えあれば憂いなし。ってことで。

 

上手く生きていこう

 「多勢に無勢」「数の暴力」という言葉があるように、どんなに不条理なことを押し付けられても、ロジカルな主張をしても、多数派が支持されるのは仕方がない。

 昭和世代と平成生まれ、人数が多いのは前者。従って、自らの正当性を主張した際に声が大きくなるのも前者だ。

 一方で数が多い=サンプルが多い分、思考パターンが掴みやすく、対策を立てやすい。上司と合わなくてt辛い思いをするかもしれないけど、上手くこなしながら生きて行こうぜ。

結局、自分が愛するものが至高

 時々話題にする「元上司」のこと。

 

 その人は音楽が好きだった。中森明菜世代。アイドル全盛期に青春を送ったらしい。

 

 時々、思い出したかのように「最近の音楽(歌)は薄っぺらい」と批判した。出張途中にラジオから聞こえる懐メロを、よく口ずさんでいた。レベッカの「フレンズ」がお気に入りだった。

 

 私は最近の音楽世代だから、自分たちのカルチャーが否定されるのは悲しい。

 

 個人的に、昔の音楽(歌)は「秘めた恋」とか「報われない」とかをテーマに扱うことが多く、重苦しいものばかりと感じる。

 最近の方がいい感じに肩の力が抜けてて、穏やかな気持ちで聴ける。今の音楽が至高とまではいかないけれど、少なくとも肌に合ってる。

 

 結局、みな自分が心地よいと思うものが1番。私には私の、元上司には元上司の理想と希望があるけど、互いに相手のものは受け入れられない。

 ここで「どちらが1番か」という話題になればケンカになる。争ったって、疲れて業務に支障が出るだけ。私は特に反論しなかった。

 

 転職先の新しい上司(元上司より10歳くらい上)に、「最近の音楽って薄っぺらいですかね?」と尋ねてみた。

 「薄っぺらいと感じたことはない。歌詞が、何回か聞かないと意味がわからないものが多いけど、何回か聞けばわかるし」と、返答された。

 

出る杭が打たれる現象について

 パワハラや職場で発生する原因の、解明につながるであろうツイートを見つけた。

 

年寄りはな、若い人間が大金稼ぐことがすごく嫌なんや、しかも自分らが理解できない方法で稼ぐことが嫌だな、なんでか、要は若者に苦労させたいんや、そして自分らを尊敬して欲しいんやな、若い人間を簡単に成功させてたまるか、わしらの苦労が軽くなる、尊敬が少なくなると考えておる、悲しいわな、

アラビア太郎 (@mousukosikane) 

 

 つまり、若者が自分たちを尊敬しなくなるのが怖い。だから出る杭を打つ。

 

 

 正直な話、バブルの甘い汁をすすり、脳みそが溶けているであろう諸先輩方のどこを敬えば良いというのだろう。なかなかの無茶振りだ。

 

 この傾向には本人の意識・無意識を問わず、ゾッとする。

 

バブル:日本迷走の原点

バブル:日本迷走の原点

 

「最近記事書いてませんね?」ってはてブに煽られたので、最近思ったことの雑記

 男尊女卑が叫ばれて久しい。

 

 女性活躍を推進し、1億人総活躍時代とかいう国の方針が叫ばれているが、そういうアクションをするということは「女は社会的立場が弱い」と認めていると同義だと感じる。

 

 ひねくれたものの見方かもしれないが、昼食どきに飲食店へ行くと「レディースランチ」なんてものがある。女性優遇と見せかけて、実は「男社会に飛び込んでジタバタやってるお前らのために、わざわざ別で用意してやってんだ」という、店側の意思表示なのかもしれない。あるいは「とりあえずレディースってつければ女は金出すんじゃない?」と、さりげなく舐められていると捉えることもできる。

 それなら逆に「メンズランチ」はいかがだろう。例えば女性客が多いイタリアンレストランで、ガーリックが効いた肉を大盛りパスタの上にてんこ盛りする。スタミナをつけたいサラリーマンに人気が出るが「一人で入るのは恥ずかしい」と、ちょっと可愛い女の子を誘って店へ行く。

 適当に思いついた案だが、ビジネスモデルとして確立できたら最高かもしれない。

 

 先日、新幹線に乗っていたら車内販売のカートを押した男の子(私よりは年下そう)を見かけた。

 そういえば、日本は男社会と言われつつ、女性が就業している印象が強い職業がある。スチュワーデスや新幹線の車内販売、生命保険の営業、性産業…。活躍するにしても、ステレオタイプの職種に押し込まれたんじゃつまらない。

誰かと繋がってないと安心できない自分の、不安定な精神状態に安心しない

 SNSを整理した。

 Facebookは約200人を削除した。Twitterは変に絡んでくるやつをブロック、mixiは友達募集系のコミュニティから退会。LINEはなんで繋がっているのかわからないやつへメッセを送り、3日以内に返信がないやつを片っ端から削除。

 時間はかかったが、なんとなくスッキリした気がする。人間関係の「デジタル断捨離」、とでも名付けようか。と思ったら実践してる人が結構いた。もっとも、多いのはデータやメルマガなどのようだが。

 

 これは私の負の遺産である。

 メンヘラを拗らせていた頃、誰彼構わず繋がっていた。結果、当時はまだ若かかったこともあり、クソみたいな誘いに声をかけられることが多かった。「今月ちょっと持ち合わせが…」と言うと、相手は「未来への投資だから、金銭的に苦しくても我慢だよ」とほざき、首根っこを掴んで私を連行する。

 その中から、今もまともな関係を築けている人はほとんどいない。

 

 当時、正直に言うとそういう誘いに顔出すことに疲れていたが「繋がりを失う=嫌われる」と認識していたため、断れなかった。

 もしも今、あの時使った金が目の前にあったら、ちょっといい本を買って読み漁りたい。付き合いで行くしょっぼいセミナーに1,000円払ってやるくらいなら、本で知識を得る方がよっぽどいい。

 

 かつての私のような状況に陥っている方へ、アドバイスを送りたい。

 

 会社関係者?

 合コンで会ったきりの人?

 そもそもなぜつながってるのか覚えてない?

 じゃあ遠慮はいらないね。友達リストから削除だ。

 

 削除する手間を省くことも必要だ。

 特に会社関係の人間に有効だが、事前に相手がアカウントを持っていることがわかった場合はブロックし、求められたら「あ、私そのSNSやってないんですぅ〜 or 昔やってたけどやめちゃったんですぅ〜」と、シラを切ればいい。


 「いや、でも、せっかくのご縁だから大事にしたい〜。これから何かが生まれるかもしれないから、つながっておきたい〜」だと?

 そう思って今日まで何も無かったんだろ?つべこべ言わず断て。

 

 事実、私がSNSで関係を切ったやつの中から、再度友達申請してきたのは2-3人くらいだった。もちろん却下した。

 悪いことに、SNSで誰と繋がっているかはバレてしまう。設定で非公開にしてもタグ付けされたら終わりだし、タグ付けしなくても似たような写真をアップすれば共通の友人が気づく。

 

 SNSそのものを全否定はしない。個人保有で自分で好きに使っていいんだから、使い方=繋がる人間を考えようよ。自分のためにも。

 

退職とかじったリンゴの話

 仕事を辞めた。

 と言っても先日のような事実上のクビではない。自己都合だ。 

 新しい仕事が決まり、繋ぎのアルバイトもようやく落ち着いたので久しぶりに更新ができる。

 

続きを読む

実況!スタバでドヤ顔やってみた

 Macbookを買った。

 

 元々、買い換えるつもりでいた。大学生時代から愛用しているノートパソコン(レッツノート)が、近ごろ起動すると変な音を立てるようになった。リサイクルショップへ持ち込んだが値段がつかなかったので惰性で使用していたが、そろそろ限界だろう。

 

 アップル公式で、分割24回払いまで手数料が無料になるキャンペーンが行われていた。期間は今年の3月末まで。恐らく、新社会人や学校の新入生をターゲットにしたものだろうが、便乗することにした。

 

 行ったのは仙台市青葉区一番町、iPad miniiPod nanoを購入した際にも世話になった某アップルストア。人・モノ・情報が集まる東北最大にして唯一の政令指定都市だから、当然アップルストアもある。仙台に生まれて、よかった(某芸人風)。

 とりあえず女子力を高めるためにピンクを買った。iPhoneとお揃いにしたが、そっちにはカバーをつけているので意味がない。

 

 さて、これからどうしよう。

 

 「携帯を持ったサル」という本が昔あったが、今の私はまさしくそんな感じ。

 この文明の利器を使いこなすには?アプリは何を入れようか。その前に使い方についてリサーチをしなければ。

 もしかしたら、フリーライターの仕事が増えるかもしれない。そしたら分割代を一気に払えてしまうかも。それ以上に儲かっちゃったら確定申告出さなくちゃ。あとはフォトショップイラストレーターを入れてみて…。

 広がる妄想、アーケード街で目立つアップルの白い袋。

 

 あぁ、そうだ。あれをやらなくちゃ。

 

 スタバでMac片手にドヤ顔。

 

 ということで、スタバにいる。

 

 f:id:iwama03:20170307193345j:image

 

 チャイティーラテとベリースコーンを注文した。ホイップはクーポンで追加してもらった。おいしい。

 店内は期末考査に向けて勉強している学生らしき姿が多い。教科書を手に、あーでもないこーでもないと話している。敢えて10人くらいが座れる大きな席に腰を下ろしてみた。

 

 「あなたたちとは違うのよ、だって私にはMacがあるから」

 

 そう心の中で呟いた。特に意味はない。

 

 f:id:iwama03:20170307193355j:image

 

 箱に入ったままのMacを取り出す。買ったばかりなのがバレバレだ。周りの人の視線が刺さる。ちょっとイタい。

 

 だが、私にはそんなこと関係なかった。だってMac買ったんだもん。

 電源ボタンを押した。

 

 f:id:iwama03:20170307193407j:image

 

 ☆ジャーン☆

 

 静かな店内に起動音が響いた。さっきストアでセットアップしたばかりだから、いろんなものが初期設定のまま。ちょっとどころじゃなく恥ずかしかった。

 

 気を取り直して、いよいよドヤ顔を決める時が来た。

 

 起動完了。目の前に映し出されるプリインストールの壁紙。

 これでまた一つ夢が叶う。私にiPad2を譲ってくれたアップル信者の友人や、会社でデスクトップのMacを使いこなす先輩たちに追いつける。いや、この超天才的思考力と技術を持つ私が使いこなしたら、彼らを超えるかもしれない。

 

 キーボードに手を伸ばした。ドヤ顔を決めるために。

 いざ。

 

 「…どうやるの?」

 

f:id:iwama03:20170307193452j:image

 

 手が止まった。全身が硬直した。ドヤ顔がわからない。あれってどうすれば作れるの?

 

 周囲を見た。Macユーザーはいたが、ドヤっておらず黙々と作業をしている。参考にならない。

 仕方がないので、自分の頭脳で答えを導くことにした。大丈夫、思考ジャンキーの私の中に必ずヒントがある。朝飯前だ。イッツ ア ピース オブ ケイクだ。

 

 「ドヤ顔」のキーワードは…

 

 自慢、そして達成感。

 

 そうか!

 

 ブログ書けばいいんだ!

 

 以上の流れを経て、この記事を書いている。もちろんMacBookで。性能確認も兼ねての作業になっているが、タイピング音が心地よいし、ボディは薄くて軽い。素晴らしい。もうちょっと早く買えばよかった。

 

f:id:iwama03:20170307193536j:image

 

 この記事を書き終えた時、きっと私はドヤ顔になっているだろう。最高だ。