スーパーいわちゃんねる!

東北地方のある政令指定都市から、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて電波発信中。受信料無料。

【映画感想】レディ・プレイヤー1

 

 先の連休中にうっかり映画を観に行った。

 あのスティーブン・スピルバーグ氏が監督し「日本人のために作った」と豪語するレディ・プレイヤー1。→映画『レディ・プレイヤー1』オフィシャルサイト

 

f:id:iwama03:20180514024100j:plain

 

 あらすじは下記の通り。

 

スティーブン・スピルバーグ監督が、アーネスト・クラインによる小説「ゲームウォーズ」を映画化したSFアクション。貧富の格差が激化し、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年。世界中の人々がアクセスするVRの世界「OASIS(オアシス)」に入り、理想の人生を楽しむことが若者たちの唯一の希望だった。そんなある日、オアシスの開発によって巨万の富を築いた大富豪のジェームズ・ハリデーが死去し、オアシスの隠された3つの謎を解明した者に、莫大な遺産とオアシスの運営権を明け渡すというメッセージが発信される。それ以降、世界中の人々が謎解きに躍起になり、17歳の孤独な青年ウェイドもそれに参加していた。そしてある時、謎めいた美女アルテミスと出会ったウェイドは、1つ目の謎を解き明かすことに成功。一躍オアシスの有名人となるが、ハリデーの遺産を狙う巨大企業IOI社の魔の手が迫り……。作中のゲーム世界には、アメリカはもとより日本のアニメやゲームに由来するキャラクターやアイテムなどが多数登場する。

レディ・プレイヤー1 : 作品情報 - 映画.com

 

 感想を書く前に、こちらの本編動画の一部をご覧いただきたい。

 


映画『レディ・プレイヤー1』日本限定スペシャル映像(メカゴジラ VS ガンダム編)大ヒット上映中

 

 このシーンは、ゴジラガンダムのファンがそれぞれの活躍を楽しみに思うだろう。二次元と三次元の作品が、CG技術で共演とは夢のよう。

 だが、この戦闘場面は思うほど長くない。過度な期待は持たないことを勧める。

 

 現実逃避を目的に、VRを利用したゲームに老若男女がハマって課金し過ぎたり家庭崩壊起こしたりする、ちょっとヤバい世界が舞台。

 主人公はオタク冴えない青年。ある種の引きこもり。クラスにこんな奴いるわ、むしろこれ俺じゃね?って感じ。

 死してなお崇拝され続けているどことなくスティー●・ジョ●ズを意識しているような天才ゲーム開発者が残した遺産と、ゲームの運営権をめぐる争いがゲーム内で起こる。現実と仮想世界の双方で繰り広げられるやり取りと、日本のアニメや漫画作品で登場するサムシングがところどころで使われてるのが見どころ。

 

 分析したが、登場するサムシングの元作品は、先に紹介した初代ガンダムメカゴジラをはじめとする、恐らくスピルバーグ氏と同じ歳頃で、ファミコン辺りで青春を過ごしたおっさん達(40代〜50代前半?)が懐かしむであろうもの。

 しかし、ストーリーの流れや設定に関してはアバターや課金、ネットで知り合った人とリアルで会うなど、どちらかと言えば現在の10〜20代くらいがピンと来る話に思える。

 マーケティングのターゲットがどの層なのか、イマイチわからなかった。親子で楽しむことを想定しているのか?

 

 スピルバーグ氏監督作品としては、他作品を見ていないのでコメントのしようがないが、壮大なスペクタクルと冒険するワクワク感は確実にあることだけはお伝えできる。あと、氏が日本向けに製作したという努力の跡が随所に見られる。その辺は素直に評価に値する。

 

 「仲間の頼もしさ」、そして「コンプレックスや自分ではどうしようもできないことを乗り越える勇気」が、作品に込められたメッセージの一部だろう。悪くはない内容だった。

 

あ、高校時代に授業でスピルバーグ作品見てたわ。

4年前の雪辱を晴らす

 羽生結弦選手のオリンピック2連覇祝賀パレードに行ってきた。

 

 パレードは4年前も行ったが、苦い思い出が残っている。

 

 母がファンなので軽い気持ちで写真を撮りに行ったが、激混みの中で知らないオバさんに脳天肘打ちを食らい、半ベソになりながら大して使ってもいないミラーレスのシャッターを切った。

 それがこの写真。

 

f:id:iwama03:20180422155101j:plain

 

 手前の肌色は肘打ちオバさんの手だ。これ以外の写真は俯いてしまっている。

 お世辞にも上手いとは言えないこの写真を母に見せたら喜んでくれ、現像したものを今も持ち歩いている。本人は「家宝だ!!!」と豪語しており、母の愛をありがたく思っている。けどウチの家宝ショボい…。

 

 あれから月日が流れたが、その間に影技術が向上し(※前回比)、態度もデカくなった。BBAの物理的攻撃程度で涙目になる、クソ雑魚メンタルの私はもういない。

 

 家族のため、そして自分のために、あの時の雪辱を晴らす-。

 そう誓って、本日を迎えた。

 

 撮影ポイントは選定済みだ。今回も市民広場を市役所方面に曲がる角が絶好の場所だと読んだ。

 あの周辺は勾当台公園や市民広場があり、電力ビル前や東二番丁通りより開けている。日差しも充分に射し込む。つまり羽生選手の顔に影ができにくい環境だ。

 そしてカーブを曲がるため、前後でパレードカーが減速することを予想した。他の場所より通過するのに時間がかかる=余裕が生まれるだろう、と予測した。

 

 詳細ルートはこんな感じ。

 

 正午過ぎ、前回同様に市民広場を背にする方向で移動を試みたが…。

 

f:id:iwama03:20180424192719j:plain

 

 この光景を見て横断歩道の向こう側に行くことを諦めた(北側から入った)市役所を背にすることにした。

 

f:id:iwama03:20180424192845j:plain

 

 もぐもぐタイムを挟みつつ、羽生選手の到着を待った。

 午後最高に暑い直射日光の下で、2時間くらい立っていた。日頃の訓練の賜物だろう(この日の仙台市は4月の過去最高気温を更新したらしい)。

 羽生選手登場の瞬間は撮影に必死で覚えていないが、パレードカーの上でくるくる向きを変え、できる限り観衆全体に顔を見せようと努めていた姿が印象に残っている

 

 で、本日の成果から、母が選んだベスト3がこちら。

 

f:id:iwama03:20180424192728j:plain

 

f:id:iwama03:20180424192733j:plain

 

f:id:iwama03:20180424192737j:plain

 

 ※近所のコンビニの複合機で現像しました。

 

 前回は道路際で見上げるように撮ったため、羽生選手の表情がはっきり写っているが、背景が青空のみ。

 今回は引きで撮り、背景に表情が付いたのでそこそこ良い写真が撮れたと自負している。

 被写体の表情の豊かさにも救われた。こればかりは手厚いファンサービスに感謝するしかない。

 

 各方面に何度も申し伝えているが、「ライバルのプロ」より恐ろしいのは「純粋な素人」だ。今回はそんなガチ素人だらけの中で感情的にならず、誰の邪魔もせず(と心がけていたけど、もしかしたら後方の邪魔になってたかもごめんなさい)、撮影に集中できたのがよかった。自分、成長したなぁ。

 

 強いて反省点を挙げるとすれば、イカメラ(一眼レフ)のバッテリー部分の蓋を破壊してしまい、修理が間に合わず所属長のカメラを借りざるを得なかったことくらいだ(ホントにすみませんでした)。

 せめてゴールデンウィーク後半突入の前には帰ってきてほしい…。修理センターさん頼みます…。

 

 ちなみにパレード前にクソな痴漢に遭いましたが、そっちはTwitterの方に上げているのでよかったら参照してください。

 新潟県知事や財務事務次官がやらかしているご時世に、そういうことするってなかなか命知らずだな。

 

 

次の冬季オリンピックってどこでしたっけ?

ブログ休止に対する全力の言い訳とこれから

 かなりご無沙汰お久しぶりです。

 久しぶりの投稿がサングラスの話題だなんて、相変わらずレベルが低くて申し訳ございません。

 

 転職してやっと1年が経ちました。過去最高に恵まれた環境で過ごした結果、このブログの存在を本気で忘れていました。

 Twitterにリンク張ってるのにね。はてなブログから「そろそろ更新しませんか?」みたいなメールが来てたはずですが、ガン無視していた気がします。

 その間もポツポツ読んでくださった方がいたらしく、アカウント削除にならなかったことに本当に感謝申し上げます。トータルアクセス数が1万超えてます。感謝感激です。

 

 アラサーになり、社会経験が伴ってきたからか、以前と比較すると多少謙虚になりました(気のせいかもしれませんが)。

 あと、ツラの皮が厚くなったというか、トラブルにも動じなくなりました。その最たるものが所属長への垢バレです。もしかしたら本社にもバレてるかもしれません。

 ※公開している自分が悪い

 

 更新しなくなったのは何故か。仕事も私生活も充実していたからです。

 

 昨年7月といえば、ちょうど上司が入れ替えになった時期。

 新しい上司は面倒見が良く、突発的な忘れ物や無茶振りによる不測の事態への対応能力まで鍛えてくれる方です。

 そして他の苦手な方とも上手く距離を取れる付き合えるようになりましたし、仕事の流れも掴めてきました。

 

 プライベートでも一眼レフを買ってバッテリーの蓋を破壊したり、野良猫に懐かれたり、友人の大切さを再確認したり、いろいろありました。

 

 つまり、ブログを書くことでストレス発散する必要がなくなったんです。

 以前の記事、自分の中にあるフラストレーションのベクトルを労働問題だなんだに置き換えて波動砲!!!」って感じでぶちかましてますよね。おー怖い怖い。

 誰かのお役に立ててたらいいのですが、あくまで素人が調べた範囲での話ですので…。その節はご迷惑をおかけしました。

 

 このブログをやめよっかなーとも考えましたが、

 発信する内容を変えて、もうちょっとマイルドに書いていこうかなって思います。

 念願の某業界に入れたのはいいものの、会社の看板背負っている以上言えないこともありますし、かといって他に出すのはちょっとなぁ…って感じなので、あくまで自己責任で。

 思うこと、言いたいことを、気分が乗って時間がある時にポツポツ出していこうかなと思います。

 

 あ、最近「マイルド」って言葉が好きです。

 マイルドは素晴らしいですよ。例えて言うなら、どんな激辛で刺激的なキムチでも、豆乳鍋に入れたらマイルドになるでしょ?そういうこと。

 

 てな訳で、今後とも当ブログをご愛読くださいますよう、どうぞよろしくお願いします。

 

今一番ほしいものはこれです。

サングラスのススメ

 外出時にサングラスをかけるようにしている。黒い瞳は紫外線を吸収しやすく、浴びすぎによって眼球老化や白内障緑内障などの発症が懸念されるらしい。

 仕事中もプライベートも構わずしているので、時にはスーツと合わせることもある。どこの不審者だろう。

 

 かけるメリットは他にも。

 なんと、人間関係の整理ができる。と言ったら大袈裟だろうか。

 

 先日、知人とすれ違った。

 そう、友人ではなく知人。ある時期に大変世話になったが、絡まれると面倒臭いタイプ。できれば金輪際接触したくない。察してほしい。

 

 私の前方を歩くその人を見かけた瞬間、「やべっ!!」と思ったのは事実。だが私もそちら側に行かないといけない。

 交差点の信号待ちで止まった。どうやって気配を消そうか悩んだのも束の間、その人は何を思ったかこちらを振り返った。

 

 「あ、終わった…」

 天に全てを任せるとは、こんな気持ちのことを言うのか。

 

 しかし、その人は私に気づかなかった。横断歩道を渡り、逆方向に歩いて行った。

 

 なぜバレなかったか。勘のいい読者さまならお気づきだろう。

 

 

 サングラスをかけてたからだ。

 

 

 目元がちょっと変わったくらいで気付かない(気付けない)程度の人間関係など、私には不要だ。

 もっと言うと、どんな格好の私でも気付いてくれる人もいる。そういう方との親しいお付き合いを大切にしていきたい。

 

一時期、これのニセモノがSNSで話題になりましたね。

パターン入りました

 ジョブチェンジして3ヶ月ちょい。

 四半世紀ほどしか生きていないが、その間の経験が何とか活かせている。

 特に最近痛感することをまとめた。

 

感情優先で仕事をする奴は、どこかで損をする

 このことを知っていたから、(自分から見たら今までより)比較的クールに業務ができている。

 感情を優先する人間は理屈が通じない。ルール無視の(物理・精神の両面における)大乱闘は日常茶飯事。真面目に相手したらこっちが疲弊する。近づかなければいけない場合は、先方の攻撃が被弾しない距離を保つのがベターだ。

 

ゆとりの常識は昭和世代、特に現在管理職のポストにいる世代には通用しない

 本当に、ビックリするくらい通じない。彼らは私たちを「ゆとり世代」と卑下するが、そもそも私たちがゆとり教育を受ける羽目になったのは彼らの選択の末にある。ということがわかっていない。

 世界基準で見ると彼らが遅れている価値観であることは明白だが、ここは日本。「郷に入れば郷に従え」ということわざもある。私たちが彼らに合わせてあげる、くらいの認識でちょうどよい。

 

本社の人間と仲良くしておくと後々役立つことがある

 これはいざという時の抑止力になる。例えるなら「日本に米軍基地があるから他国が日本に軍事攻撃してこない」みたいな。

 昭和世代は「“上”に逆らってはいけない」という教育を受けている。勤務先が地方なら本社の人間、本社勤務なら人事担当や役付きの人間と仲良くすればよい。そしてそのことを定期的に就業先で話題にする。「本社の〇〇さんとこの前電話して〜」くらいで十分。すると周囲へ「こいつに下手をすると“上”にチクられるかもしれない」という印象操作ができる。

 決して乱用できるものではないし、無効になる場合もあるが備えあれば憂いなし。ってことで。

 

上手く生きていこう

 「多勢に無勢」「数の暴力」という言葉があるように、どんなに不条理なことを押し付けられても、ロジカルな主張をしても、多数派が支持されるのは仕方がない。

 昭和世代と平成生まれ、人数が多いのは前者。従って、自らの正当性を主張した際に声が大きくなるのも前者だ。

 一方で数が多い=サンプルが多い分、思考パターンが掴みやすく、対策を立てやすい。上司と合わなくてt辛い思いをするかもしれないけど、上手くこなしながら生きて行こうぜ。

結局、自分が愛するものが至高

 時々話題にする「元上司」のこと。

 

 その人は音楽が好きだった。中森明菜世代。アイドル全盛期に青春を送ったらしい。

 

 時々、思い出したかのように「最近の音楽(歌)は薄っぺらい」と批判した。出張途中にラジオから聞こえる懐メロを、よく口ずさんでいた。レベッカの「フレンズ」がお気に入りだった。

 

 私は最近の音楽世代だから、自分たちのカルチャーが否定されるのは悲しい。

 

 個人的に、昔の音楽(歌)は「秘めた恋」とか「報われない」とかをテーマに扱うことが多く、重苦しいものばかりと感じる。

 最近の方がいい感じに肩の力が抜けてて、穏やかな気持ちで聴ける。今の音楽が至高とまではいかないけれど、少なくとも肌に合ってる。

 

 結局、みな自分が心地よいと思うものが1番。私には私の、元上司には元上司の理想と希望があるけど、互いに相手のものは受け入れられない。

 ここで「どちらが1番か」という話題になればケンカになる。争ったって、疲れて業務に支障が出るだけ。私は特に反論しなかった。

 

 転職先の新しい上司(元上司より10歳くらい上)に、「最近の音楽って薄っぺらいですかね?」と尋ねてみた。

 「薄っぺらいと感じたことはない。歌詞が、何回か聞かないと意味がわからないものが多いけど、何回か聞けばわかるし」と、返答された。

 

出る杭が打たれる現象について

 パワハラや職場で発生する原因の、解明につながるであろうツイートを見つけた。

 

年寄りはな、若い人間が大金稼ぐことがすごく嫌なんや、しかも自分らが理解できない方法で稼ぐことが嫌だな、なんでか、要は若者に苦労させたいんや、そして自分らを尊敬して欲しいんやな、若い人間を簡単に成功させてたまるか、わしらの苦労が軽くなる、尊敬が少なくなると考えておる、悲しいわな、

アラビア太郎 (@mousukosikane) 

 

 つまり、若者が自分たちを尊敬しなくなるのが怖い。だから出る杭を打つ。

 

 

 正直な話、バブルの甘い汁をすすり、脳みそが溶けているであろう諸先輩方のどこを敬えば良いというのだろう。なかなかの無茶振りだ。

 

 この傾向には本人の意識・無意識を問わず、ゾッとする。

 

バブル:日本迷走の原点

バブル:日本迷走の原点