読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーいわちゃんねる!

思考ジャンキーの書き溜め。考えてる時に脳がビリビリする感じがやめられない。正解も間違いもない、ただ考えただけ。

内勤を大切にしない営業は基本ダメ

思考 お勤め・仕事の話題 仕事・ビジネス

 転職してはや2ヶ月。営業外回りから事務内勤にジョブチェンジし、立場が逆転した。

 

 新しい会社にも営業が何人かいる中で、成績が高い人とそうでない人の明暗がはっきり分かれているのを目の当たりにしている。

 

 その差は何だろうと観察した時に「内勤者への態度」が関係しているかも、と気づいた。

 

 優秀な人は内勤に対して腰が低い。簡単な作業を1つ頼むにしても、とにかく低い。飲み会でも率先して内勤者に酒を注ぐ。

 

 一方、ストレス解消のためか不必要に威張る人や、適当な作業指示を出して現場を混乱させる人は、成績があまりよくない。

 

 営業職時代、直属の上司から「事務方に感謝の心を持ちなさい」とよく言われた。その人の成績はやはり優秀な方だった。

 

 一方で「事務なんて営業いなくなったら食べていけない人たちだから、構わなくていい」と言った上司もいた。風の噂では、その人は現在めちゃくちゃ成績が落ちているらしい。

 

 仮説だが、もしかすると営業職の

 

 内勤への態度=客への態度


 なのかも知れない。もしくは、

 

 内勤者の好感度と営業成績は比例する

 

 ということかも知れない。

 

 高い営業成績の維持には内勤との強い協力と、密な連携が欠かせない…はず。

  社内営業を徹底しろとは言わないが、まったくしないのも問題である。事実、横暴な態度を取る営業に作業を頼まれるのは、仕事とはいえ癪に触る。

 自力で収益を生み出せない内勤は、営業の言うことを聞かざるを得ないのも事実。感情抜きにして従うしかないのが現状だ。だが腹は立つ。

 これが全体の生産性の低下、ひいては巡り巡って利益の低下を招いているのではないだろうか。

 

 顧客だけでなく関係者への気配りも忘れないでほしいと、密かに願っている。

 

 

何をどうしたらそんなことを言われる人間になれるのか

お勤め・仕事の話題 ゆとりですがなにか 精神・心の問題

 今の勤め先は非常によい会社だ。いろんな意味で。

 

 トラブルメーカーが1人だけいる。上司たちが日替わりで指導をするが、一向に治らない。入社2ヶ月、素人の私でさえヤバいと感じる。

 どれくらいヒドいかというと、月一の全体朝礼で話題に挙げられるレベルだ(幸い、その場に本人はいなかった)。今後の戦略を練ってたはずなのに、気がついたらその人のトラブル対策の話題になっていた。避けて通れない道のようだ。

 

 あーでもないこーでもない、困ったなぁ、どうしよう…などと一通り話を終えた後、全体責任者のポジションにおられる方の締めの言葉はこうだった。

 

 「我々にもメリットがあると考えましょう。使えない人間の指導を工夫することを通して、自己成長にもつなげましょうよ」

 

 くたびれたビジネスマンが集う自己啓発セミナーの講師が言いそうな、チープなセリフを全体責任者に吐かせるとは。問題児とは確たるものか。恐るべし。使えない、ってはっきり言われちゃってるし。

 

 疑り深い私は「もしかして発達障害?」「実は誰にも言えない悩みがあるのかな…」などと予想してしまう。すべてハズレだろうけど。

 悪い人では決してないのだが…。

人間の本質がもし変わらないなら、またいつか遊んでくれるかな。

女子力とは ゆとりですがなにか 思考

 「彼氏は作らない、お前なんでそんなに恋愛したがってるの?」と言っていったやつが、歳下の彼氏を作った。

 

 「あんまり長生きしたくない。30くらいになったら死にたい」と言っていたやつが、30歳ちょい手前で結婚した。

 

 人間は変わるものである。変わっていく人間を見ていくのは、面白くもあるがつまらなくもある。

 守りたい誰かができると、人間は本能で保守的にならざるを得ないようだ。

 

 そうやって変わったかつての友人たちを見てきた。昔はあんなに面白いやつだったのに、身も心も丸くなってしまうなんて。

 

 どうぞ末長くお幸せに。

仕事を楽しもうと言ったら負け

お勤め・仕事の話題 twitterつぶやきまとめ 思考

 会社でちょっとモメた。

 まだ全体の業務の流れを理解できていない私も悪かったが、向こうも大人気ないとは思う。

 

 ただ、私は現勤め先で1番格下なので心中がどうあれ謝るしかない。前職の上司とも「次はうまくやる」と、約束したし。

 タイミングを見て謝ったら、向こうも多少は反省していたらしい。そして一言。

 

 「ケンカすると雰囲気悪くなるし、ほら…楽しく仕事をしたいじゃん?」

 

 吹き出しそうになった。

 

 

 あぁ、この人はそういうタイプか、と。

 前にもどこかで聞いたことがある。「家庭に居場所がなく、趣味もロクになく、仕事を取ったら何も残らない楽観主義者」が口にしていたことだけ思い出した。

 みな、似たような状況に置かれると等しくこうなっていくのか。実に面白い現象だ。

 

 私には私を大切にしてくれる家族がいる。趣味もいくつかある。精神的支柱が多岐に渡ることで、少々会社で怒鳴られようが深いダメージは負わない。

 キラキラな自己啓発セミナーから帰ってきた人間の真似をするようが、これしか表現する言葉が見当たらない。「感謝」だ。

 

 

「自分の居場所がない」と感じたときに読む本

「自分の居場所がない」と感じたときに読む本

 

皮被ってる系【人間ウォッチシリーズ1】

精神・心の問題 妖怪より怖い人間ウォッチ お役立ち情報

 このシリーズでは、長年いろんな人を見たり見ぬふりしたりしてきた経験から世に生息する様々なタイプの人を面白おかしく紹介する。不定期更新だ。どうか楽しみに毎日このブログを覗いてほしい。

 

 今回ご紹介するのは、

 

 助け舟を出しているように見せかけて情報収集し、誇大化したウワサに仕立て上げた後に関係者へ拡散しようとする人

 

 だ。

 

 

具体例

A「Bちゃん、さっきCからめちゃくちゃイジメられてたじゃーん!!大丈夫??」

B「うん、大丈夫だよ。ありがとう」

A「BちゃんもBちゃんだけどさ、Cも大人気ないよね〜。そう思わない?」

B「ちょ、ちょっとは…そうだよ…ね。大人気ないっていうか、子どものケンカみたいで…」

A「困ったら誰かに相談しなよ?」

B「Aちゃん、私を心配してくれてるんだ。嬉しいな」

 

 

 これダメ。Aちゃんダメ。

 ダメ絶対。絶対にダメ。

 大切なことだから2回、いや、何度も言うよSay yes.的な。

 

 

解説

 Aの発言、分析すると実は言葉の端々にフラグ立ちまくり。

 

  • BちゃんもBちゃんだけどさ

 ここで「喧嘩両成敗だよね」感を出し、頭に血が上っている対象者を我に帰らせたところで

 

  • Cも大人気ないよね

 「だけどあなたの味方するよ!」と、肩入れするフリをして錯覚させる。

 

  • そう思わない?

 と聞く=相手に答えさせることで、本音がこぼれるよう誘導し、墓穴が掘られるのを待つ。

 

  • 困ったら誰かに相談しなよ?

 誰か=私 であるが、そこは濁して伝えることで、相手が「この人優しい」という印象を勝手に抱くよう仕向ける。

 

 警戒心を一瞬で解き、世の中を引っ掻き回せそうな有益情報を手に入れる。

 

  ね?簡単でしょう?

 

 

※実は何も解決してない

  Aは、Bの気持ちに寄り添っただけで「問題の根本的な解決に向かって、Bをまったく導いてない」ということに気づけた人は、今後このタイプの人間に騙されることはないだろう。

 

 

以降の展開(予想)

A「ちょっとC〜!!これ内緒ね?BがCのこと子どもみたいって言ってた!!」

C「はぁ!?何それ!!ふざけんな!!何様だぁ!?」

A「怒るの何となく予想できてたんだけど、一応教えておいた方がいいかな〜って思って」

C「ありがとうA!!もう一度ぶっ飛ばしてくる!!」

 

 こうなったらもうアウト。

 

 Bが「子どものケンカみたい」と 2人のやりとりのことを言っていたにもかかわらず、Aは「子供みたい」とCのことを悪く言っていたかのように事実を半分ねじ曲げて伝えている。

 

 このように、手に入れた情報を面白おかしく改悪し拡散する。こういう輩も少なくとも存在する。

 Aは何がしたいのかはよくわからないが、多分楽しいんだろう。この手の愉快犯には近寄らない方がベストだ。

 

 この手の輩、ほとんどの場合は「あなたと親しくなりたいです」みたいな顔して近づいてくる。すべてを疑えとは言わないが、警戒するに越した事はない。

 

 善意の皮を被っている下の本性を見抜くのは、コツをつかめば簡単だ。ぜひ、お伝えしたポイントに注意して見てほしい。

 

 

羊の皮を被った狼

羊の皮を被った狼

 

必見!社畜を育むパワーフレーズと、回避するための論理的思考

陰の記事 仕事・ビジネス ブラック企業戦記

 「ここがダメなら、どこへ行っても通用しないからな」

 

 ブラック企業の常套句、社畜を育む魔法の言葉。

 

 最近、Twitterなどでちょっとした話題になっている。

 

さいのす@アドセンスクリックお願いします on Twitter: "新卒→無職が怖いマンにお伝えしたいのが、ブラックやめた後就活で「こういう勤務してました」って伝えたらたいていとても同情されます。ブラック企業の人が言う「ここで通用しない奴は他で通用しない」は嘘です"

 

白饅頭 on Twitter: "「社会では通用しないぞ」論者のいう「社会」とは、大抵の場合発言者の活動するせいぜい半径50mくらいの世界を指すので、かれの言う「社会」で通用しなくても別に大した問題でないことがほとんどであるということを、この言葉に苦しんでいる多くの人に気づいてほしい。"

 

 私も実際に言われたことがある。
 だが、その後何度か転職をしているので、果たして本当に自分が他社で使えない人材かどうかはよくわからない。

 

発言が発生する流れ

 一般的に「指導(笑)を受けている時」に、このように言われることが多いようだ。

  ミスをやらかした、叱られたなどで上司先輩からありがたいご教示をいただかなければならないタイミングにセットで。「絶対に間違いない」と言わんばかりの、根拠のない自信を臭わせながら。

 

 こっちはそんなの知ったこっちゃない。

 

意図と背景

 発言の前後に「君の将来を思って言ってる」と添えられることが多い。この枕詞に引っかかってはいけない。

 上司先輩の目的は、意識・無意識は別として「従順な部下の確保」である。そのためには「他社へ行く」という選択肢を、対象者の脳内から消し去らなければならない。

 威圧的な態度を取り、発言の絶対性を信じ込ませることで実現可能…と、思っているらしい。まるで古き良き昭和の御代(みよ)のようだ。

 

 …まさか、部下を他社に行っても通用しないレベルまで貶めることで、自分の尊厳を上げようとしてないよな?

 まさかまさか、指導と称したストレス解消を狙ってたりもしてないよな?

 

 

自分の身を守るために

  パワーフレーズの罠から逃れるためには、自分が言われていることは社会通念上間違っていると認識しなければならない。

 ん?「上司・先輩の言うことが正しい」と思ってる?

 その考えが客観的に見て正しいか、以下の項目に沿って検証してみよう。

 

 あなたの上司・先輩は

 

  • 人事担当または経験者である
  • 社外の人間と取引・商談以外で頻繁に会っている
  • 異業種交流会などに参加し、積極的に人脈を広げていて情報収集に余念がない
  • 転職経験者である(複数回)

 

 どうだろう?当てはまってないことの方が多い気がするのはなぜ?

 

 その発言に明確な根拠や説得力があるかどうか?冷静に分析してみれば、答えはすぐ見つかるはずだ。

 もっとも、状況を冷静に分析できるだけの知識を備えていなければならないが。

 

 いついかなる時でも、自分の身は自分で守らなければいけない。

 社畜を育てようと言う輩の洗脳作戦に飲み込まれないために、常に心に余裕を持って生活したい。

 

 

 

本文中の内容とはやや関係ないが、外国で嫉妬の色と言えば緑らしい

スマホとSNSと私 陽の記事 ゆとりですがなにか

 SNSで他人の投稿を見て嫉妬するユーザーが多い、みたいなニュースを見た。

 

 正直に言おう。 

 そんな奴とのつながりなんか切ってしまえ

 

 その人の幸せそうな投稿を見て嫉妬する…それって本当に自分が付き合いたい人か?

 

 互いの幸福を喜べない人間関係は苦痛だ。そしてそれを喜べないのは、他でもない自分自身の問題だ。つまり自分が変わらない限り問題は解消されない。

 

 精神的に大人になり他人の幸せを喜べる人間になるか、不愉快な関係を全て断ち切ってスッキリするかは任せる。

 いずれにせよ、人間関係の定期的な精査と見直しは、このご時世において必要らしい。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え