スーパーいわちゃんねる!

東北地方のある政令指定都市から、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて電波発信中。受信料無料。

はえばえ

 「インスタ映え」について問われるが、うまく答えられないというか、伝わらないことが多い。

 

 そもそも、InstagramTwitterFacebookのような文字中心のSNSとは異なる。

 写真・画像。文章による説明は、定食に添えられている漬け物くらいの量で十分。視覚的なもの、カッチョよく言うなら「ノンバーバルコミュニケーションを主としている。

 

 目で見て、心震えるエモさを感じ、ある程度の満たされた感情を得る。インスタの醍醐味はそこにあると、個人的には思っている。

 

 だからこそ難しいらしい。特に昭和のおっさん社会の荒波に揉まれ、苦渋を舐めながらも今日まで活躍してきた歳上の男性には。

 

 うーぬ、どうしたものか。

 もっと具体的にわかる例えがあればいいのだが。

 

 そんなことを考えながら帰路についたある日。

 雨上がりで、虹が出ていた。思わずスマホを向ける。

 

f:id:iwama03:20180908145330j:image

 

 ビルが邪魔だったので、仙台市中心部で特に空が開けている例の場所に移動した。

 

 f:id:iwama03:20180908145430j:image

 

 納得のいくものが撮れた。よし。

 一部界隈で有名な某気象予報士に写真付きでリプを送り、社畜まっしぐらの知り合いに「空見て!大きな虹出てる!」とLINEする。

 

 ふと隣を見ると、同じくスマホで写真を撮っている女性がいた。にこやかな表情を浮かべている。

 

 あの人も誰かに見せたり、SNSに上げたりするんだろうか。

 

 …ふと。

 これだよ、インスタ映えのもう一つの醍醐味は!!!

 

 映えるコンテンツには人が集まる。

 名も知らぬ、縁のない人たちが同じコンテンツを共有し、それぞれの想いや共感が生まれる。

 超嬉しいじゃん?自分が素晴らしいと思ったことを、わかってくれる人がいるって。

 

 イメージで言うなら、付き合いで渋々行った合コンで

BUMP OF CHICKENが好きです」と正直に自己紹介したら、

 向こうの席にいる面識ない女子から「私も!天体観測最高だよね!」と声をかけられ、

 メンズほったらかしで語り合い、彼氏より趣味の合う同士を見つけてしまった…。

 あの感じに似ているかもしれない。

 

 …おっさん達には、やっぱりわからないだろうなぁ。