スーパーいわちゃんねる!

思考ジャンキーのどうでもいい書き溜め。考えてる時に脳がビリビリする感じがやめられない。正解も間違いもない、ただ考えただけ。

バカ【人間ウォッチシリーズ2】

 このシリーズでは、長年いろんな人を見たり見ぬふりしたりしてきた経験から世に生息する様々なタイプの人を面白おかしく紹介する。不定期更新だ。

 

 今回のテーマは、

 

 バカ

 

 だ。オブラートに包むまでもない。

 

 

バカとは

 バカである。漢字で書くと馬鹿。英語だとfool(ふざけてる)が一般的だが、今回紹介したいのはstupid(低脳)の方。

 特徴は3つ。

 

 ①無知

  • 「根拠を持ってこい」と言うので、懇切丁寧に根拠を準備したが、リクエストした本人が事実の正誤判断をできる知性を持ち合わせておらず、結局全否定して終わる

 

 徒労になる前に相手にしないのが懸命だ。

 

 

②無価値

  • レスポンスの有無が自分の社会的価値と比例すると思っており、やたら批判・誹謗中傷・無意味な絡みをする

 

 締めの一言は「こういうことを言う時間がもったいない」。なら言わなきゃいいのに。

 

 

③無自覚

  • 自分が「本当のバカ」だということに気づいていない

 

 「自分はバカだから〜」と言う奴は、謙遜まがいのことをしているだけで自覚がない。そしてバカであるとセルフカテゴライズすることで、自身を甘やかしている。

 

対策

 バカと付き合う上で大切な「おかし」の法則をお伝えしよう。

 

 ともだちにならない

 かわらない

 ゃべらない

 

 以上だ。くれぐれも気をつけて生活してほしい。

 

 

超バカの壁 (新潮新書 (149))

超バカの壁 (新潮新書 (149))