スーパーいわちゃんねる!

思考ジャンキーのどうでもいい書き溜め。考えてる時に脳がビリビリする感じがやめられない。正解も間違いもない、ただ考えただけ。

皮被ってる系【人間ウォッチシリーズ1】

 このシリーズでは、長年いろんな人を見たり見ぬふりしたりしてきた経験から世に生息する様々なタイプの人を面白おかしく紹介する。不定期更新だ。どうか楽しみに毎日このブログを覗いてほしい。

 

 今回ご紹介するのは、

 

 助け舟を出しているように見せかけて情報収集し、誇大化したウワサに仕立て上げた後に関係者へ拡散しようとする人

 

 だ。

 

 

具体例

A「Bちゃん、さっきCからめちゃくちゃイジメられてたじゃーん!!大丈夫??」

B「うん、大丈夫だよ。ありがとう」

A「BちゃんもBちゃんだけどさ、Cも大人気ないよね〜。そう思わない?」

B「ちょ、ちょっとは…そうだよ…ね。大人気ないっていうか、子どものケンカみたいで…」

A「困ったら誰かに相談しなよ?」

B「Aちゃん、私を心配してくれてるんだ。嬉しいな」

 

 

 これダメ。Aちゃんダメ。

 ダメ絶対。絶対にダメ。

 大切なことだから2回、いや、何度も言うよSay yes.的な。

 

 

解説

 Aの発言、分析すると実は言葉の端々にフラグ立ちまくり。

 

  • BちゃんもBちゃんだけどさ

 ここで「喧嘩両成敗だよね」感を出し、頭に血が上っている対象者を我に帰らせたところで

 

  • Cも大人気ないよね

 「だけどあなたの味方するよ!」と、肩入れするフリをして錯覚させる。

 

  • そう思わない?

 と聞く=相手に答えさせることで、本音がこぼれるよう誘導し、墓穴が掘られるのを待つ。

 

  • 困ったら誰かに相談しなよ?

 誰か=私 であるが、そこは濁して伝えることで、相手が「この人優しい」という印象を勝手に抱くよう仕向ける。

 

 警戒心を一瞬で解き、世の中を引っ掻き回せそうな有益情報を手に入れる。

 

  ね?簡単でしょう?

 

 

※実は何も解決してない

  Aは、Bの気持ちに寄り添っただけで「問題の根本的な解決に向かって、Bをまったく導いてない」ということに気づけた人は、今後このタイプの人間に騙されることはないだろう。

 

 

以降の展開(予想)

A「ちょっとC〜!!これ内緒ね?BがCのこと子どもみたいって言ってた!!」

C「はぁ!?何それ!!ふざけんな!!何様だぁ!?」

A「怒るの何となく予想できてたんだけど、一応教えておいた方がいいかな〜って思って」

C「ありがとうA!!もう一度ぶっ飛ばしてくる!!」

 

 こうなったらもうアウト。

 

 Bが「子どものケンカみたい」と 2人のやりとりのことを言っていたにもかかわらず、Aは「子供みたい」とCのことを悪く言っていたかのように事実を半分ねじ曲げて伝えている。

 

 このように、手に入れた情報を面白おかしく改悪し拡散する。こういう輩も少なくとも存在する。

 Aは何がしたいのかはよくわからないが、多分楽しいんだろう。この手の愉快犯には近寄らない方がベストだ。

 

 この手の輩、ほとんどの場合は「あなたと親しくなりたいです」みたいな顔して近づいてくる。すべてを疑えとは言わないが、警戒するに越した事はない。

 

 善意の皮を被っている下の本性を見抜くのは、コツをつかめば簡単だ。ぜひ、お伝えしたポイントに注意して見てほしい。

 

 

羊の皮を被った狼

羊の皮を被った狼