スーパーいわちゃんねる!

東北地方のある政令指定都市から、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて発信中。

スーツで夜行バスに乗る就活生たちに幸あれ

銀行手続きの都合で弾丸帰省した日、帰りの夜行バスでのこと。 iwama03.hatenablog.jp 小中学生の春休みが終わり、平日夜ということでゆったり座って帰れるかなー…と思ったが、甘かった。隣に座ったお嬢さんの格好がリクルートスーツ。どうやら学生で、就職…

まだ見ぬ強敵たち!

以前「仙台は東北6県出身者の集合体」と書いたが、対する東京は「全国から本当にすごい能力を持つ人」が集まっている。 iwama03.hatenablog.jp 私のように、地方で燻(くすぶ)ってた連中が今、令和元年を機に東京に向かってるかも知れない。共闘か、対立か…

推しをよろしく

仙台を離れて一週間が経った。今回の上京は「推しと一緒に働けたかもしれない可能性」を蹴っての決断だった。 iwama03.hatenablog.jp ありがたいことに、今回は数社から内定をいただいた。面接したその日の夕方に連絡をくれた某社に入社することになるが、実…

東京の主要高速バスターミナルレビュー

節約志向なので、基本的に仙台〜東京は高速バスで移動している。片道6時間を寝て過ごせるので、夜間を選択することが多い。東北自動車道は直線が多く意外と眠れるので、タフな方にはぜひオススメしたい。車内で口開けて寝てるアラサーがいたら、ほぼ私なので…

計画通りにいかない人生だからこそ

本当に納得いかないのだが、仙台に一時帰宅することになった。理由はシンプル。銀行関係のとある手続きが、平日で住民票所在地じゃないとできないからだ。しばらく帰らないつもりでいたが、こうなっては仕方がない。会社関係で家族に書いてもらわないといけ…

ファントミはセイントテール、マジマジョはセーラームーンのオマージュか?

女児向け特撮第3弾「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」が7日から放送開始したが、あの日はまだ仙台にいたのでテレ東リアタイ視聴ができなかった(東北にキー局がないので)。間も無く第2話が放送されるが、アテにしていたワンセグ付きAndroidが壊れたので…

【ドラマ感想】ファントミ第1話「ファントミラージュになっちゃった!」

「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」放送開始!!だが、7日は仙台で引っ越しトラックに荷物を積んでいたのでYoutube配信で拝見。 iwama03.hatenablog.jp 公園で、大好物のプチトマトをボウル山盛りで食べる彼女の名は「桜衣ココミ」。ごくごくふっつーの中…

ウチの娘がいちばんカワイイ

娘がいる男性は、なぜか娘の彼氏のことを気にする傾向にある。ウチには父がいないので、それぞれの話を聞いてて(申し訳ないが)めっちゃくちゃ面白い。 iwama03.hatenablog.jp 世のお父ちゃんたちが、自身の娘の恋愛事情に対して抱く複雑な気持ちがカテゴラ…

置きグソ

※お食事中の方、特にかりん糖をお召し上がりの方は、食べ終わって一息ついてからこの投稿をご覧いただくことをオススメする。 近ごろ、実家前に犬のウンコが落ちている。どこの誰かは特定できていないが、散歩中の飼い主がマナーを守って片付けてくれない…と…

転居引っ越し狂想曲(カプリチオ)

※今日は朝に東京入り→不動産屋の開店と同時に新住居の鍵の受け取り・引き渡し→引っ越しトラック対応→ガス開栓立会い→買い出し、という地獄を一人でこなさないといけない。ブログ更新まで至れないと思うので、今日に至るまでの流れと出来事を紹介する。 内定…

仙台が私を受け入れないなら、私は仙台を出て行く

この度、東京に行くことになった。 仙台が私を受け入れないなら、私は仙台を出て行く。この街には、実家以外に用はない。 …と思ったので、このような選択になった。急な報告になったことをお詫び申し上げる。今夜の夜行バスで移動し、明日から都民になる。 …

親父コンプレックスを克服

話す必要がないと思っていたのであまり公にしたことがないが、私の両親は私が7歳の時に離婚している。父は現在も生きてはいるはずだが、どこで何をしているか全くわからない状況である。 人としていろいろと問題がある父の存在が、私のコンプレックスの1つだ…

同棲アパート無断解約事件

先日の投稿でチラッと書いたが、音信不通の相方・ロキから突然LINEで連絡が来た。 iwama03.hatenablog.jp 同棲するアパートに彼が帰って来なくなって2ヶ月、精神的に限界を迎えた私は3月上旬に私物を全て実家に持ち帰り(協力してくれた母に心から感謝する)…

エンケンさんが演じる特撮悪役の魅力

女児向け特撮ドラマ「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」を1話から拝見しており、この春最終回を迎えた。 majopure.jp 「魔法使いが魔法とダンスの力で悪を倒し、世界の平和を守る 『ガールズ×ヒロイン!』シリーズ第2弾!」ということで、前作の「アイド…

平成生まれのガッツを見よ

平成の次の元号が「令和」に決まったそうで、新たな時代が始まる実感がようやく湧いてきた。元号とともに人生を歩んできた身として「元号が変わっても、私たちはいい意味で変わらねぇぞ!」というのが率直な気持ちである。「岩崎」じゃなかった…そもそも画数…

転職先を全力で探した話・セカンドシーズン

iwama03.hatenablog.jp 先日のエントリーで転職の話題が出たので、最近面接していただいた中で面白い(=「興味深い」と言う煽り)企業がいくつかあったので紹介する。企業って本当にさまざま、みんな違うけどほとんどが今を生きる若年層の思考とマッチして…

失われて完了した

学生時代に参加した東日本大震災のボランティア活動を振り返りたくて、ネットで発信していた活動内容を検索したが出てこない。よくよく考えると、発信していた某新聞社運営のブログサービスが閉鎖していたことを思い出した。他にもサイトのリニューアルだな…

女性を雇用するの、やめれば?

アラサーの私が会社都合の雇い止め=クビを宣告されて数ヶ月。いろいろな企業の人事担当者と話をしたが、前回の転職活動との決定的な違いは必ず「結婚の予定は?」と聞かれるようになったこと。年齢が年齢だからか。 「いやー、しばらくそういうのいいんで、…

いつか年寄りになる日

100円ショップで買い物をしていたら、オバさんに声をかけられた。手にはもみじマーク(高齢者運転標識)。 「あなた、車運転する人?これって何歳からだったかしら?60?65?」 運転免許の学科講習で勉強した気がするが、パッと出てこない。若葉マークは念を…

みにくい嫉妬の女

顔が見えないと、これでもかというほど言葉の暴力を振るう女がいる。 テレアポのバイトをした時のこと。対象者(男性)に案内したいのに、その手前で何度か配偶者と名乗る女性に電話口でキレられたことがある。個人情報の兼ね合いで本人以外に案内できないこ…

面白いから、私は買う

「路上で荷台の上にカラフルな雑誌を並べて売ってるっぽいおっちゃん」を見たことがあるだろうか。あるいは「THE BIGISSHUE」という雑誌をご存知だろうか。 www.bigissue.jp 同誌は1991年にロンドンでホームレスの自立支援を目的に始まり、日本版は2003年に…

8度目の3.11に思う

あれから8度目の3.11だ。犠牲者に哀悼の意を捧げるとともに、今もなお生活再建に向けて奮闘する方たちが1日でも早く自立できることを願う。 平成30年・激動の3ヶ月の記録やロキの音信不通などで、現在も見方によってはなかなか厳しい状況に立たされているが…

面接でわかる企業の良し悪し

我々がどの企業に願書・履歴書を出すか悩むように、企業もまた我々をどのような手段で篩(ふるい)に掛けようか悩んでいる。このような採用ノウハウ系ネット記事が上がっているくらいだ。 www.jinzai-business.com www.dodadsj.com 転職経験を通じて、特に離…

羽生結弦選手のLINEスタンプで親孝行しよう

「宮城県が生んだ奇跡」と言っても過言ではないフィギュアスケーター・羽生結弦選手が7日、LINEドネーションスタンプ(有料スタンプで、売り上げの一部または全額を寄付するもの)になって登場した。販売期間は4月11日まで。フィギュアスケーター本人が登場…

【ドラマ感想】トクサツガガガ第7回(終)「スキナモノハスキ」

今週はもう放送ないんだね…。 iwama03.hatenablog.jp 前回はお母ちゃんにビンタされ、ビンタを返した叶。「なんで兄ちゃんも私も実家に寄り付かなかったかわかる?…アンタのこと嫌いだからだよ!…鍵返して」あぁ、お母ちゃんの心にもダメージが…。泥試合の末…

好きを仕事にするために、好きで気晴らし

デザイナーのお嬢さんと話をする機会があった。書くことを生業とすることを目指す私と何か通じるものがあったらしく、地味に盛り上がった。 その中で「絵を描く仕事をこなすために、自分の描きたい絵を描いて気晴らしする」という話題が出た。自分の思い描い…

Youtubeチャンネル作ったからラジオでも始めようかと思ったが挫折した

撮影した動画は今までTwitterに投稿し、そこからブログにリンクを張っていた。しかし、Twitterの性質上データが流れていつか消えてしまう恐れがあるので、Youtubeにもスーパーいわちゃんねる!を開設し、今後はそこから動画を埋め込むことにした。 www.youtu…

「底辺の仕事」について考える

学生時代のアルバイトから始まり、今日まで様々な職場を見てきた。その中には一般的に「底辺の仕事」だと蔑まれているものもあったが、そもそもそんな仕事ってあるのか? まず「底辺」の定義について。新時代の底辺職業一覧と底辺職を抜け出す方法がよくまと…

存在を許せるお局様が1人だけいたことを思い出した

今日に至るまで、なぜか職場に必ず1人はいる「お局様」を何人も見てきた。全員の共通点は女性ということのみ。業種業界、出身地や家族構成、最終学歴、結婚経験の有無などはバラバラだが、どうして似たようなBBAになってしまうのだろう。世界七不思議の1つに…

世界の中心に据えたくなるくらい、人を好きになって何が悪い

相変わらずロキと連絡が取れない。音信不通になってかれこれ1カ月以上になる。その間、多方面から野次助言をいただいたり、ネット上の恋愛アドバイス的なものを読んだり、ひとりで布団に包まって泣いたりした。それでもロキのことを心底憎めないのが自分の甘…

当ブログはリンクフリーです
リンクバナー