スーパーいわちゃんねる!

東北地方のある政令指定都市から、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて発信中。

日々の雑記

ふっつーの事

スーツで夜行バスに乗る就活生たちに幸あれ

銀行手続きの都合で弾丸帰省した日、帰りの夜行バスでのこと。 iwama03.hatenablog.jp 小中学生の春休みが終わり、平日夜ということでゆったり座って帰れるかなー…と思ったが、甘かった。隣に座ったお嬢さんの格好がリクルートスーツ。どうやら学生で、就職…

まだ見ぬ強敵たち!

以前「仙台は東北6県出身者の集合体」と書いたが、対する東京は「全国から本当にすごい能力を持つ人」が集まっている。 iwama03.hatenablog.jp 私のように、地方で燻(くすぶ)ってた連中が今、令和元年を機に東京に向かってるかも知れない。共闘か、対立か…

計画通りにいかない人生だからこそ

本当に納得いかないのだが、仙台に一時帰宅することになった。理由はシンプル。銀行関係のとある手続きが、平日で住民票所在地じゃないとできないからだ。しばらく帰らないつもりでいたが、こうなっては仕方がない。会社関係で家族に書いてもらわないといけ…

ウチの娘がいちばんカワイイ

娘がいる男性は、なぜか娘の彼氏のことを気にする傾向にある。ウチには父がいないので、それぞれの話を聞いてて(申し訳ないが)めっちゃくちゃ面白い。 iwama03.hatenablog.jp 世のお父ちゃんたちが、自身の娘の恋愛事情に対して抱く複雑な気持ちがカテゴラ…

転居引っ越し狂想曲(カプリチオ)

※今日は朝に東京入り→不動産屋の開店と同時に新住居の鍵の受け取り・引き渡し→引っ越しトラック対応→ガス開栓立会い→買い出し、という地獄を一人でこなさないといけない。ブログ更新まで至れないと思うので、今日に至るまでの流れと出来事を紹介する。 内定…

親父コンプレックスを克服

話す必要がないと思っていたのであまり公にしたことがないが、私の両親は私が7歳の時に離婚している。父は現在も生きてはいるはずだが、どこで何をしているか全くわからない状況である。 人としていろいろと問題がある父の存在が、私のコンプレックスの1つだ…

平成生まれのガッツを見よ

平成の次の元号が「令和」に決まったそうで、新たな時代が始まる実感がようやく湧いてきた。元号とともに人生を歩んできた身として「元号が変わっても、私たちはいい意味で変わらねぇぞ!」というのが率直な気持ちである。「岩崎」じゃなかった…そもそも画数…

失われて完了した

学生時代に参加した東日本大震災のボランティア活動を振り返りたくて、ネットで発信していた活動内容を検索したが出てこない。よくよく考えると、発信していた某新聞社運営のブログサービスが閉鎖していたことを思い出した。他にもサイトのリニューアルだな…

いつか年寄りになる日

100円ショップで買い物をしていたら、オバさんに声をかけられた。手にはもみじマーク(高齢者運転標識)。 「あなた、車運転する人?これって何歳からだったかしら?60?65?」 運転免許の学科講習で勉強した気がするが、パッと出てこない。若葉マークは念を…

みにくい嫉妬の女

顔が見えないと、これでもかというほど言葉の暴力を振るう女がいる。 テレアポのバイトをした時のこと。対象者(男性)に案内したいのに、その手前で何度か配偶者と名乗る女性に電話口でキレられたことがある。個人情報の兼ね合いで本人以外に案内できないこ…

8度目の3.11に思う

あれから8度目の3.11だ。犠牲者に哀悼の意を捧げるとともに、今もなお生活再建に向けて奮闘する方たちが1日でも早く自立できることを願う。 平成30年・激動の3ヶ月の記録やロキの音信不通などで、現在も見方によってはなかなか厳しい状況に立たされているが…

好きを仕事にするために、好きで気晴らし

デザイナーのお嬢さんと話をする機会があった。書くことを生業とすることを目指す私と何か通じるものがあったらしく、地味に盛り上がった。 その中で「絵を描く仕事をこなすために、自分の描きたい絵を描いて気晴らしする」という話題が出た。自分の思い描い…

世界の中心に据えたくなるくらい、人を好きになって何が悪い

相変わらずロキと連絡が取れない。音信不通になってかれこれ1カ月以上になる。その間、多方面から野次助言をいただいたり、ネット上の恋愛アドバイス的なものを読んだり、ひとりで布団に包まって泣いたりした。それでもロキのことを心底憎めないのが自分の甘…

「特オタのカラオケ選曲問題」を真剣に考える

「トクサツガガガ」第1回で取り上げられていた「特オタと一般人のカラオケ問題」。 iwama03.hatenablog.jp 大人になると、付き合いでどうしても参加しなければならない時が来る。私も過去数回ほど参加させられた。主人公・叶のように選曲に悩まないためにも…

射倖と神

以前、パチンコ業界の業界誌を目にする機会があった。 www.play-graph.com 拝読した時に印象に残ったトピックスが「依存・規制と射幸性のバランスをいかに取るか」だったが、その中に記されていた「射幸」という耳慣れない言葉にちょっと怯(ひる)んだ。意…

東京Suicaと機種変問題

東京で暮らすにあたり、移動する上でSuicaが必要になることに気づいた。カードを持ってはいるが、仙台の公共交通機関は電車よりもバスが発達しているし、仙台市交通局発行のicsca(イクスカ、由来は「行きましょう」という方言+「小旅行・遠足」を意味する…

平成最後のセンター試験が無事に終わったそうなので、センター試験の思い出を振り返る

大学受験の時、センター試験を受けなかった。 〜完〜 …と言うと、意味がわからない人もいると思うので、念のため解説。 センター試験を受けなくても大学受験はできる。事実、私は私立大学を志望していたので、一般入試で合格をいただいた。 大学入試はざっく…

約10年前にメンヘラだった自分が、今メンヘラに悩む人へ贈る投稿

このブログを開設して2年ちょっと経つが、今なお圧倒的アクセス数を誇る記事がこれ。 iwama03.hatenablog.jp 方針変更する前だし、文章読みにくいし、大したことは書いていないし…。それなのに、なぜこの記事が今も人目に触れ続けられているか考えると、2年…

なりたくてなるものではないから、誰でもなれる可能性がある

お気に入りの中華屋でラーメンをすすっていたら、隣の席にいた女性がキレながら泣き出した。向かいに座る男性は、女性の主張にじっと耳を傾けていた。 女性は外見年齢40代。話から察するに「派遣社員で入社したが希望していた職種に就けず、職場のイジメに耐…

パートナーを動物で例えてみよう ネコ編

パートナーについて、ブロガーのはぁちゅうさんは「旦那観察日記」で「猿」の姿で描き(自身もリボン付のかわいい猿だけど)、ボディメイクの伝道師・元鈴木さんは「筋肉ゴリラ」と呼んでいる。 皆さん、動物飼ってるの?しかも動物園に行かないと会えない種…

最近、相方が冷たい

最近、相方のロキが冷たい。 態度じゃなくて身体が。あ、死んでないよ、ちゃーんと生きてるよ。コロシテナイヨ。 本人は「俺、平熱37度あるからー」と言ってはいるが、風呂上がりなのに手先足先がヒエヒエになっていることもある。お互いに同い年のアラサー、本気で…

中学生のころから今日まで溜め込んだレシピを整理したら、ツッコミどころ満載だった件

年始から断捨離をしている。年末にやれよ遅ぇよ。 今回は「中学生のころから今日まで溜め込んだレシピの切り抜き」を片づけた。100均で買ったクリアブックがパンパンになるほどの量を一晩かけて整理するとともに、かつての自分にツッコみたい部分が多々見つ…

結局、自分が愛するものが至高

時々話題にする「元上司」のこと。 その人は音楽が好きだった。中森明菜世代。アイドル全盛期に青春を送ったらしい。 時々、思い出したかのように「最近の音楽(歌)は薄っぺらい」と批判した。出張途中にラジオから聞こえる懐メロを、よく口ずさんでいた。レ…

「最近記事書いてませんね?」ってはてブに煽られたので、最近思ったことの雑記

男尊女卑が叫ばれて久しい。 女性活躍を推進し、1億人総活躍時代とかいう国の方針が叫ばれているが、そういうアクションをするということは「女は社会的立場が弱い」と認めていると同義だと感じる。 ひねくれたものの見方かもしれないが、昼食どきに飲食店…

実況!スタバでドヤ顔やってみた

Macbookを買った。 元々、買い換えるつもりでいた。大学生時代から愛用しているノートパソコン(レッツノート)が、近ごろ起動すると変な音を立てるようになった。リサイクルショップへ持ち込んだが値段がつかなかったので惰性で使用していたが、そろそろ限…

人間の本質がもし変わらないなら、またいつか遊んでくれるかな。

「彼氏は作らない、お前なんでそんなに恋愛したがってるの?」と言っていったやつが、歳下の彼氏を作った。 「あんまり長生きしたくない。30くらいになったら死にたい」と言っていたやつが、30歳ちょい手前で結婚した。 人間は変わるものである。変わってい…

条件が揃えばメンがヘラってしまうひとの特徴を、元メンヘラがシンプルにまとめてみた

大学時代、サークルの人間関係が悪化し退部したあと、彼氏に1年以上ベッタリだった元メンヘラのわたしから言わせてもらうと、 メンヘラ超こわい。 Web上でさまざまな関連トピックがたくさんアップされているが、ほとんどが現在メンヘラになっているひとのこ…

ゆとりですがなにか?わたしたちは社会の失敗作らしいのでやられたことを振り返ってみた

ゆとり。 この悪意を込められた三文字に現在の20代は何度も苦しめられ、これからも侮辱され続けるだろう。 「ゆとり教育は失敗だった」 世間の定説はこれ。「失敗」が「不完全」なのか「不適切・不適当」なのか、どちらを意味するかは知らない。いずれにせよ…

「ぱんつくった」発言から考察されるパンツの調理方法

俺、先週ぱんつくったんだよね~。

当ブログはリンクフリーです
リンクバナー